司法書士の仕事

成年後見に関する業務

司法書士は、法律の専門家として判断能力が不十分な方が安心して日常生活を送ることを支援する成年後見制度に取り組んでいます。

● 成年後見制度とは?
認知症、知的障害、精神障害などの理由で物事の判断能力が不十分な方を法律的にサポートする制度です。成年後見には、すでに判断能力が十分でなくなった方を対象に家庭裁判所の手続きによって後見人等を選任する「法定後見」と、現在は判断能力が十分にある方が将来的に自分の判断能力が不十分になった時に備えて、あらかじめ当事者間の契約によって後見人を選んでおく「任意後見」があります。 平成12年4月からスタートした成年後見制度に寄与するため、日本司法書士連合会は、いち早く全国の司法書士で組織する成年後見リーガル・サポートを設置しました。

こんなとき、ご相談ください!
こんなとき!

◆ 認知症で入院している父の土地を売って、父の入院費にあてたい。
◆ 高齢の母が悪徳商法に騙された。
◆ 知的障害のある子供の将来が心配です。
◆ 将来、判断能力が衰えた後のために、元気なうちに財産管理をお願いしたい。