司法書士の仕事

簡易裁判所訴訟代理等に関する業務

司法書士は、簡易裁判所における紛争の請求額が140万円以下の事件に関する民事裁判や民事調停などの代理人となったり、裁判外での和解交渉の代理、法律相談などの業務を行っています。(なお、これらの業務は平成15年4月の司法書士法の改正により認定司法書士に限って行うことができるようになりました。)

● 認定司法書士とは?
一定の特別の研修を受けた上で、法務大臣から簡易裁判所における訴訟代理等の業務を行うのに必要な能力を有すると認定された司法書士のことをいいます。

こんなとき、ご相談ください!
こんなとき!

◆ 貸したお金を返してほしい。
◆ 家賃を払ってほしい。
◆ 敷金を取り戻したい。
◆ 給料を払ってほしい。