司法書士の仕事

債務整理に関する業務

司法書士は、クレジット会社や消費者金融からの借入、住宅ローン等の返済についてのお悩みについて、解決に向けて法的な債務整理の方法を提案、サポートします。

こんなとき、ご相談ください!
Q

債務整理の方法にはどのようなものがありますか?

A

債務整理の方法については「任意整理(和解交渉)」「特定調停」「個人再生」「自己破産」があります。どの手続きがあなたにとって適切かは、個々の事情を考慮して総合的な判断が必要です。

Q

「任意整理(和解交渉)」とはどのような手続きですか?

A

利息制限法所定の利率で計算し直した後の借金の残額について、裁判外であなたに代わって司法書士が債権者と交渉し、分割または一括での支払いによる和解をする手続きです。また計算し直した結果、借金が無くなったり、お金を払い過ぎている状態になっている場合には過払金を取り戻すことができることがあります。

Q

「特定調停」とはどのような手続きですか?

A

簡易裁判所に申立をして、利息制限法所定の利率で計算し直した後の借金の残額について、分割または一括で支払うことを合意する手続きです。債権者との話し合いは、調停委員が進めてくれるため、司法書士や弁護士に手続きを依頼しなくてもあなた自身で申立てをすることもできます。ただし、あくまで調停なので相手が話し合いに同意しなければ成立しないという欠点があります。

Q

「個人再生」とはどのような手続きですか?

A

地方裁判所に申立をして、利息制限法所定の利率で計算し直した後の借金の残額の一部(債務総額500万円以下なら100万円、1500万円以下であればその5分の1。但し、住宅ローンを除く。)を原則3年間で各債権者に按分して弁済することによって、残額の支払いを免除してもらう手続きです。住宅ローンがある場合は、住宅ローンの支払いを継続することによって住宅を残すことが可能です。

Q

「自己破産」とはどのような手続きですか?

A

地方裁判所に破産・免責の申立をして、最終的には借金の残額の支払いを免除してもらう手続きです。
破産の申立をした際に、高額な財産を所有している場合は、それらを処分してその換価金を債権者に按分配当する手続き(いわゆる管財事件型)がなされます。めぼしい財産がない場合は、配当手続きをすぐに終了する手続き(いわゆる同時廃止型)がなされます。いずれの手続きでも、免責の申立をすることで配当手続きを経ても残った債務について支払い義務を免除する決定がなされます。

Q

「過払い金返還請求手続き」とは何ですか?

A

利息制限法所定の利率で計算し直した結果、借金の返済を払い過ぎている状態になっている場合もあります。過払い金返還請求手続きとは、裁判であるいは裁判外でこの払い過ぎたお金を取り戻す手続きのことです。

Q

手続きをしたいのですが、費用が払えません・・・。

A

一定の資力基準やその他の要件を満たす方は、法律扶助による費用の立替えの制度を利用できる場合もあります。詳しくは「日本司法支援センター(通称、法テラス)」、または相談の際にお尋ねください。